デモテープを送る時の、最低限の確認すべきこととは

デモテープを送る時の、最低限の確認すべきこととは

今までに何度もデモテープを送っているのになかなかデビューが決まらない、ディレクターから反応がない、と思っている方もいるのではないでしょうか?

「こんなに魂をこめているのに」「こんなに良い演奏をしているのに」「才能がないのだろうか?」と、思っている方、いらっしゃるのではないでしょうか。

やっと作ったデモテープ、それは自分の分身のようなものともいえます。

しかし、せっかく努力して作ったデモテープであったのに、自分の評価を落とすようなもの、それ以上に聞いてももらえないようなデモテープでは、意味はありません。

どんなに良いアーティストでも、まずはスタートラインに立つためのいくつかのポイントを忘れてはいけません。

まず大切なのは、「聞いてもらう人のことを考えたもの」であることです。

もっとも大切であるはずなのに忘れがちなことです。

あなたが送ったデモテープは、自ら再生し、自分の耳で聞いて納得したものでしょうか?

「自分の声を聴くのは恥ずかしい」などというような意見は、まずありえない事、と思ったほうがいいでしょう。

自分が聞いて恥ずかしいと思うような作品を、ディレクター(D)などの方々は、それを聞くわけです。

一度も再生せずに送った作品が、きちんと再生できるのかということもわかりません。自分の音声がきちんと入っているのかもわかりません。そんな作品を送って、受かるはずもありません。

実際に、破損している、再生が出来ない、音が入っていないというような作品も多いそうです。

初めは問題なくても、途中でエラーになることもあります。

必ず最後まで自分の耳で聞いて確認しましょう。出来ることなら、複数のデッキで再生の確認をしましょう。

>>デモテープで、まず初めに注意したいのは、録音レベルの設定です »

>>デモテープの音に関して、声が聞こえないようなものも、実はよくあります。その原因は? »

このサイトについて

私たちはアーティストの代わりに、デモテープをレコード会社やラジオ局に送る「デモテープ一括配送サービス」を行っております。もっと詳しく

お問い合わせ

運営者:株式会社アドバン

住所:160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目22?34

お問い合わせはこちらから

info@demotapes.info

お問い合わせフォーム