デモテープを冒頭のみ聴いて判断する可能性があるディレクターとは

デモテープを冒頭のみ聴いて判断する可能性があるディレクターとは

大手レコード会社の場合、デモテープを聴いて、そこから新人発掘をするディレクターに対して、即戦力になるアーティストを探しているのが、製作ディレクター(CD製作D)です。

CD製作担当のDもまた、新人発掘Dと同じく、デビュー決定権はもっていません。もし、デビューさせたいアーティストがいた場合、「このくらいのお金をかけて、これだけの売り上げをしますので、予算をください」という、企画書を書きます。

これを社内会議で紹介(プレゼン)するのです。

社内会議が通れば、本当の意味でデビューへの作業を開始されることになります。

CD製作Dも、新人発掘をしないわけではありません、自らが育てるDもいるようですが、ゼロに近い新人を育てることはできません。仕事の中心はCD製作にあるからです。

このCDを作る為には、多くの仕事があります。

企画を立てる、予算を組む、それに対してスケジュールを組む、スタッフやミュージシャンを募る、曲を探す、レコーディングをする、ジャケットなどを発注する、ということがあります。

これ以外にも、Dの中には宣伝や、CDショップの販促のプラン立てまで行っている方もいます。

そんな激務の中、デモテープを一本一本丁寧に聴くということもなかなか出来ず、頭の部分のみ聞いて、判断するということも多いわけです。

すべてのDさんがそうであるわけではありませんが、新人発掘Dよりも、合格ラインは相当高いものだと思わなくてはなりません。

しかし、製作Dの耳に止まれば、それだけデビューへの道も近い、ということもいえます。

>>デモテープを聴く、中小規模のディレクターの役割と、すべてのディレクターとしての使命とは »

>>デモテープを送る時の、最低限の確認すべきこととは »

このサイトについて

私たちはアーティストの代わりに、デモテープをレコード会社やラジオ局に送る「デモテープ一括配送サービス」を行っております。もっと詳しく

お問い合わせ

運営者:株式会社アドバン

住所:160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目22?34

お問い合わせはこちらから

info@demotapes.info

お問い合わせフォーム