バンド内で2台のMTRがあると、とても重宝します。

バンド内で2台のMTRがあると、とても重宝します。

デモテープ作成に必要な最低限のものとして、まずはMTR、良いマイク、エフェクタ、そしてサブミキサーになります。

そのうちのサブミキサーは、あるととても便利です。MTRのほかにもう一台ミキサーを買うということになります。コンプのかけ録りをするときにも必要になってきます。

そこで、バンドの方々にお勧めしたいものは、MTRを「メンバーの誰かがもう一台買う」ということです。

MTRが2台あると便利なことが多い為です。MTRはミキサーとして使えるということ、さらにレコーディング予定日に、MTRを持っているメンバーが病気などで休んだり、予定が入ってしまっていても、2台あればそのような事態も免れることができます。

しかし、もう一台MTRを買うお金は・・・という方々は、「練習スタジオにあるミキサーを、MTRにつなぐ」という方法を使ってしまうのも手です。

しかし、スタジオによっては、「つなぎかえ禁止」という場所もありますので、必ず確認をし、そのような場所ではやめておきましょう。

また、つなぎかえの際に気をつけるべきことがあります。それは、ゲインのあげすぎや、ギターやベースを直でミキサーに差すことも、スタジオの機材を壊す原因になりますので、十分注意が必要になります。

そして、当然のことではありますが、はずした線は、スタジオアウトする際には必ず元に戻すことを忘れないようにしましょう。はずす前に配線の確認が必要、ということになります。

もし元に戻し忘れてしまった場合、そのスタジオでは「つなぎかえ禁止」といったことが起こってしまうかもしれません。

>>デモテープの音に迫力が出ない原因を探してみましょう »

>>デモテープを作るミックスダウンの作業の際に、注意するポイントとは »

このサイトについて

私たちはアーティストの代わりに、デモテープをレコード会社やラジオ局に送る「デモテープ一括配送サービス」を行っております。もっと詳しく

お問い合わせ

運営者:株式会社アドバン

住所:160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目22?34

お問い合わせはこちらから

info@demotapes.info

お問い合わせフォーム