音を響かせる為のエコーをかけてくれる「エフェクタ」を手に入れましょう。

音を響かせる為のエコーをかけてくれる「エフェクタ」を手に入れましょう。

デモテープを録る時に、初心者の方々がまず初めにすることは、MTRをもっていない場合は購入をすることです。

その他に最低限人に音を聞かせるものを作る為には、よいマイク、エフェクタ、(リバーブ、コンプ/リミッター)、サブミキサー(またはMTRをもう一台)というものが必要になってきます。

その中で、音を録る為に良いマイクを手に入れたとしましょう。

マイクの準備ができたとしたら、その次にエフェクタとなります。

エフェクタはコンプ/リミッターは、録りの時には(シンセなどにはあまり使用しませんが)まず、ほぼ全パートに対して「かけながら録る」ということになります。

最も大きい音である「ピーク」を抑え、録音レベルを上げるのが目的になります。

リバーブとは、ミックスダウンのときに、音に対して、「エコー」をかけることにより、格好良く響かせることが可能になります。

本来の理想としては、それぞれ単体のものを買いたいところですが、「マルチエフェクタ」一台でまかなうということもできます。

マルチエフェクタであれば、バンド内の仲間に一人ぐらいはもっていると思われます。ほとんどの場合、ギタリストがもっている可能性が高いでしょう。

機材がいろいろと必要になってきますが、それらを購入する間に「なじみの店」ができると、助かることも多いです。

もし仲の良い店員さんができたとしたら、その人がいろいろと相談に乗ってくれるかもしれませんし、新しい商品や、より良い商品を紹介してくれることもあります。

上手くいけばデモテープを聴いてアドバイスをしてくれるかもしれません。

>>バンド内で2台のMTRがあると、とても重宝します。 »

>>デモテープの音に迫力が出ない原因を探してみましょう »

このサイトについて

私たちはアーティストの代わりに、デモテープをレコード会社やラジオ局に送る「デモテープ一括配送サービス」を行っております。もっと詳しく

お問い合わせ

運営者:株式会社アドバン

住所:160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目22?34

お問い合わせはこちらから

info@demotapes.info

お問い合わせフォーム