音を録る為の「マイク」は、デモテープ作りにおいて「よいマイク」を使用することが大切です。

音を録る為の「マイク」は、デモテープ作りにおいて「よいマイク」を使用することが大切です。

デモテープ作りに必要なもの、まず初めにMTRです。

そのほかには、「良いマイク(参考までに、SHURE-SM57やSM58など)」「エフェクタ(リバーブ、コンプ/リミッター)」、そして「サブミキサー(MTRをもう一台という手もあります。実は2台目のMTRもお勧めです)」。最低でもこのくらいのものがあるといいでしょう。

必要なものが多いと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、人に聴かせる為の音を作る為には、どうしても必要になってしまいます。

まず、この中の「マイク」に関しては、妥協しない方がいいでしょう。

演奏、または歌うことで奏でる音楽は、音が何よりも大事なものであり、デモテープに至っては、その音しか表現するものがありません。

つまり、マイクは音を録る為の重要なものです。

それをディスカウントストアなどで買える様な「カラオケマイク」などを間違っても買って使用しないことです。

音の抜け方がまったく違い、ミックス時に抜けの悪い音を聞かせようとしてボリュームを上げるなんてことをしたら、ノイズの割合が増えて音が悪くなります。そんなものを利用するべきではありません。

参考としてあげたSM57と、SM58のマイクは、デモテープ作りではおなじみのモデルです。この二つの違いはマイクのヘッドについている丸いもの、ウィンドスクリーンというものが付いているのが58のほうで、付いていないのが57になります。

57はギターなどの録音に、58はボーカルなどが歌を録音する際に使用するのがいいと思います。

もしも、MTRの購入等で余裕がなくなってしまった場合、最終手段として、練習スタジオ内のマイクをお借りする、ということも手です。このマイクは大抵SM-58がセッティングされているためです。

>>音を響かせる為のエコーをかけてくれる「エフェクタ」を手に入れましょう。 »

>>バンド内で2台のMTRがあると、とても重宝します。 »

このサイトについて

私たちはアーティストの代わりに、デモテープをレコード会社やラジオ局に送る「デモテープ一括配送サービス」を行っております。もっと詳しく

お問い合わせ

運営者:株式会社アドバン

住所:160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目22?34

お問い合わせはこちらから

info@demotapes.info

お問い合わせフォーム